ドローン”風”撮影

こんにちは。
フォレストガーデン・カメラ部(一人部長)です。

 

今の時代、Youtubeなど様々な動画媒体がありますね。
動画から得られる情報は、静止画6000ページ分とも言われるほど情報量を持ってるので、このメリットを活かさない手はないと思い、あれやこれやと手探りで頑張っています。
(この情報量の差を活かして、弊社をもっとアピールできないかと🙄)

 

私が持っているもので”ジンバル”というものがあります
↓↓↓↓↓

DJI OM4 ジンバル

DJI社のOM4というスマートフォン用ジンバルです。
ジンバルというのは、センサーによって水平だとかブレをコントロールしてくれる画期的な機械で、スマホをそのまま手持ちで動画撮影するよりも滑らかで使い方次第ではプロみたいな動画を撮影することができます。

 

ということで、このジンバルの特性を活かして”ドローン風”な動画が撮影できないかやってみました。
まだまだ撮影回数も、技術も足りなさ過ぎるせいか、結果としては全然ダメでした…

あるターゲットを設定すれば、それをずっと追いかけるトラッキングという機能があるのですが、なんか不自然で…
ターゲットが外れたらそれで終わりだし…

 

所詮、”風”は”風”で、やっぱり本物のドローンには敵わないなと思いました。

 

さて、ここで道具好きな私はドローンの購入を試みようかと…?

以前より安くなってはいるものの、それなりの機能を求めるとやっぱりそれなりのお値段もしますし…
そして何より、このドローンに適用される航空法が小型機にまで及んでくるという話が。
今までは200g未満のドローンに対しては航空法は適用されませんでしたが、今度から(まだ日は未定)100g未満の小型機にまで適用範囲が拡大されるそうです。
(上記DJI社は199gの軽量ドローンを先駆けて発売して、かなりのヒット作となったようですが、100g未満となると、メーカーとしてどこまで小型機を出してくるのか、あるいは出さないのか気になるところです。)

飛行レベルもレベル1~4まであって、仮に私が使うとすればレベル1でしょうけど、航空法だの何だとと言われるとなかなかドローンの導入自体もそこまで必要なのかなと考えさせられます。

 

ジンバルでドローン”風”でいくのか、それとも本物のドローンでいくのか…迷走中です。
そして私自身も何を目指しているのか…? 迷走中です🤣