最高のリフレッシュ方法

こんにちは、フォレストガーデンの「じむいん」です。
「じむいん」と言ってますが、「事務員」ではなく、勝手に部活動「筋トレ部」の「ジム員」です。

 

私の生活のルーティーンとして、週に2、3回ジムに通っています。
今はコロナ禍で時短営業など様々な制限がされていますが、私の通っているジムは通常通り営業しております。
と、言いますか、ジムに通ってる人はおそらくジムに通えなくなることが苦痛なので、ジムでクラスターが発生しないよう、消毒の徹底、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、使用後のマシン(器具)の消毒など、「絶対にクラスターを発生させない!!」という意識で通っていらっしゃるように感じます。

 

ということで、今日もジムに行ってきました。

 

望まれてもいませんが、少し紹介いたします。
(基本的に他人が写り込まないような写真であれば撮影OKなので、撮れる角度でしか撮っていません。)

筋トレ パワーラック

<パワーラック(フリーウェイト系)>

言わずと知れた(?)「King of 筋トレ」であるスクワット(大腿四頭筋、ハムストリング)をするラックです。
他にも使い方次第ではいろんな筋トレができます。

 

 

筋トレ スミスマシン

<スミスマシン(マシン系)>

筋トレBig3と言われる、「ベンチプレス」、「スクワット」、「デッドリフト」の内、ベンチプレス(大胸筋)メインのマシンです。
フリーウェイトのベンチプレスと違うのは軸が付いているので、軌道が決まっていることです。
これも一長一短があって、フリーウェイトはフォームが正しくないと怪我をしやすいのですが、マシンは軌道が決まっているので狙った筋肉にきちんと刺激を効かせることができます。

 

 

筋トレ ケーブルマシン

<ケーブルマシン>

ハンドルやケーブルの高さを変えることによって、様々なバリエーションの筋トレができます。
普通のマシンと違うのは、ウェイトを引っ張る時も、戻す時もどの領域においても負荷が抜けにくいところです。

 

今日も2時間、たっぷり筋トレして体がパンプアップしてます。

 

とまあ、こんな感じで仕事終わり、休日など時間を見つけてはジムに通う日々です。
もしかしたら、ジムに行く日を決めて、そこに照準を合わせるように仕事の段取りをしていたり…なんちゃって

 

いろんな方に「なんのために通ってるの?」とか、「何目指してるの?」とか聞かれますが、正直言って私は筋トレに目標はありません。
ただ、筋トレは陸上で言う100m走のような無酸素運動で、ウェイトを上げ下げしている時は無の状態になるんです。
100mを走る時にあれこれ考えてる人は居ませんよね。
それを何種目かやって、終わった時に一気に酸素を取り込む。
すると不思議なくらい脳がリフレッシュするんです。
その頭で読書するのが最高に気持ちがいい!!
強いて言えば、リフレッシュするためにやってるということでしょうか。

それと、ジムのあの雰囲気が好きなんです。
みんなただただ自分に向き合ってるストイックな環境が。
あえて違う環境に身を置くことで、いろんな感覚が刺激されるあの感じが好きです。

 

別に筋トレをしているからという理由でこの本を推しているわけではないのですが、ふざけているようで、結構物事の本質を突いている本です。

この本を読んで思ったのは、いくら頭が良くても体がぶっ壊れてしまっては仕事もできなくなるし、楽しみたいことも楽しめなくなってしまう。逆に言えば、体さえぶっ壊れなければいくらでも仕事ができるし、楽しみたい時に体調を理由に諦めることをしなくていいということです。

 

筋トレをして、読書をする。
体の体力・筋力を全部使い果たし、脳内を無にして頭の中に活字を詰め込む。
これが私の最高のリフレッシュ方法です。

 

読書も月に5冊くらいは読もうと目標を立ててるので(実際は5冊に届かない月もありますが)、またオススメの本なども紹介していけたらいいなと思っています。

 

 

あと…
ニワバコをプライベートジムにできないかとかアホなことも考えてます…